岐⾩県地⽅⾃治研究センター

自治研ぎふ

私たちは、地方自治や公共サービスについて考える研究機関です。
調査研究や地方財政を学ぶセミナー、視察などを通して、
岐阜県内の自治体の政策づくりに貢献することを目指しています。
研究者や会員の調査研究を機関誌「自治研ぎふ」で発表するほか、
各都道府県の同じ機能を有するセンターの全国的なネットワークを活かして
情報の共有・交換も行っています。

私たちについて

機関誌「⾃治研ぎふ」

当センターが発行する機関誌「自治研ぎふ」は、1978年6月に創刊し、
調査研究の報告や県内の市町村の動き、その他活動内容などを誌面で紹介しています。
最新号以外は、PDFで内容をご覧いただけます。
機関誌の購入をご希望の方は事務局までお問い合わせください。

【最新号】第131号 2022年2月15日 発行

詳しくみる

道標

追悼・河合良房先生

三谷 晋 = 岐阜大学地域科学部准教授

特集1

水道事業のこれからとコンセッション方式の問題

富樫幸一 = 岐阜大学地域科学部教授/岐阜県地方自治研究センター理事長

岐阜県内の水道事業の特徴と専用水道や地下水利用の実態、自治体・地方公営企業と民間企業の 事業をめぐる様々な関係とその再編について、取引費用の理論と、指定管理の実態に基づいた考 察を発展させる。

特集2

地方議会改革と議員報酬に関する一考察

山本公徳 = 岐阜大学地域科学部准教授

近年注目を集めつつある議員報酬の問題を取り上げ、その適正額についての今後の方向性につ いて検討した。今日、ようやく適正な議員報酬に関する独自基準を作ろうとする動きが出始め ているが、多くの論点が残されていることが明らかにされた

地域レポート

多治見食育センターについて

石田浩司 = 多治見市議会議員